宮田歯科医院(北海道) 院長: 宮田研一

宮田歯科医院(北海道)

  •  

札幌の歯科医院 宮田歯科医院です

F1ドライバーを夢見ていた自転車少年が、ある日歯科医院を訪れ、あのキュイーンというエアタービンの音を耳にし、そのサウンドにすっかり魅せられてしまい、気がついたら歯科医になっていたのが私です。

大学卒業後、口腔外科を専攻し研鑽を積んでおりましたが、大好きな“キュイーン“のタービンを毎日握っていたくなり、1985年現在地に開業いたしました。開業以来、“より快適に、より美味しく食べられて"そして“より美しく、より健康に"を診療の最終目標として毎日診療しております。治療を終えられた患者さんの“素敵な笑顔"をみることがなによりの私のエネルギー源でもあります。
またスタッフ達は夫持ちの身でありながら毎日夜まで診療に付き合ってくれております。もちろん患者さんの“素敵な笑顔"を楽しみに。

このホームページでは、あまり聞きなれないメニューばかりがならんでいると感じられるかもしれませんが、もちろんべ一シックな治療のうえに“さらに"を求めてこのような診療技術もある事をお知らせさせていただきたくこのホームページを作成いたしました。
ホームページをご覧になって何かご質問がございましたらメールにてお問い合わせください。

医院案内

医院内
皆様に納得して頂きながら治療を進めていきます。
今までの歯科治療は単に痛い歯を治療する事のみに重点がおかれておりました。
しかし今後の歯科医療はクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)の向上と維持を踏まえたうえでの口腔の健康管理を行っていかなければならないと考えます。そのため安心して治療を受けていただくために、患者さんとの話し合いを大切にして十分納得していただいた上で治療を進めていきたいと考えます。(インフォームド・コンセント)

来院される患者さんは様々です。治療を早く終わらせたい方、時間がかかってもていねいにお口全体を見てもらいたい方、また治療費はなるべく抑えたい方、治療費は多少かかっても最高の治療を求めている方等様々です。

このような患者さんそれぞれの意向を汲み取り治療をすすめる”オーダーメイド”の歯科治療を私達は実践していかなくてはなりません。
このために私達は最新の医療技術を身につけ、環境を整え、患者さんの立場に立った最良の医療を供給するように努めていきたいと考えます。

審美 症例

審美歯科治療

症例

『審美歯科』 最近よく耳にする事があると思います。私に言わせると新しいものでも特殊なものでもありません。歯科治療はもともと咬むという機能の回復とともに審美性の回復が目標のひとつにあるからです。

ただ保険診療の普及からか、やけに銀歯が目立ってしまっている方も大勢おられます。しかし私はたとえ保険診療の枠の中ででも何とか銀歯を目立たなくし、“ステキな笑顔を”と毎日悪戦苦闘しております。もちろん早期発見・早期治療が審美性の回復にとって重要な事であることは言うまでもないことです。

人間が社会生活を営むうえで<ステキな笑顔>は重要なことだと思いませんか?ステキな笑顔は相手を幸せな気持ちにさせ円滑な人間関係を築きます。歯のコンプレックスをそのままにしておくと性格まで暗くなってしまうかもしれません。大きな口を開けて思い切り笑えることはすばらしい事だと思います。

このようにステキな笑顔が生活の質を向上させるうえで重要な要素のひとつであることを社会が認識し始めているような気がします。そして現代の歯科治療はこの審美的要求にこたえることができる技術を兼ね備えてきたと思います。
具体的にはセラミック技術の向上・接着材料の進歩・インプラント治療・歯周再生医療や歯周病内科的治療・ホワイトニング等があげられます。これによって患者さんそれぞれの顔や個性に合わせて歯を白くしたり形を整えたりと顔に調和した美しい口元を作ることが可能になってきました。

歯科医院 概要

医院名 宮田歯科医院(北海道)
院長 宮田研一
所在地 〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西10丁目タナベビル3F
受付時間 【受付時間】 平日   09:30から13:30/14:30から19:30
         土    09:30から13:30

【休診日】   第1、第3土曜日・ 日曜日・祝日

無料メール相談・ご予約はこちらから

  • 教えて!カードローン
  • インプラントQ&A
  • キーワード用語集

【関連サイト】
スマイルデンタル