鈴木歯科クリニック(山形) 院長: 鈴木 喜之

鈴木歯科クリニック(山形)

  •   【略歴】
    ● 昭和63年昭和大学歯学部卒業

    ● 昭和63年昭和大学第2歯科補綴学教室(全部床義歯学)入局

    ● 平成7年昭和大学第2歯科補綴学教室(全部床義歯学)退局

    ● 平成8年山形市南栄町にて鈴木歯科クリニック開院


皆様のお口の健康をお守りします。

大学卒業後、総入れ歯の医局に残りました。
その理由はすべての歯を失ってしまい、何もないところから患者様にぴったりした入れ歯を作り上げるという職人技にあこがれたからです。
また学生時代に1番難解で、難しいと感じたからかもしれません。
在籍した医局は厳しいという評判でしたが、評判どうりで国家試験後4日目には4年生の学生実習手伝いのため出勤していました。

当然、何も出来いので主に準備などのお手伝いかと思ったのですが、
見習いとはいっても理解していなければならないということで、さっそくその日の帰宅は12:00だったことを憶えています。
歯科という分野は保存科、補綴科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科など大きくわかれています。その中でも私の在籍した医局は全部床義歯学という講座でした。つまり総入れ歯を専門としていました。

心配したことが1つありまして、総入れ歯を専門にしてしまうと歯を削ることが少なくなって、
一般的な歯科治療の経験が少なくなるのではということでした。
そんな心配は杞憂で、基本的にはすべての治療を行うが、
専門性が必要だったり難しいケースを他の専門の科を紹介したりチーム医療を行ったりするというものでした。
医局の上司は意欲的な方が多かったので、1年目の際はいろいろなDrの治療を見学できましたし、
厳しいチェックもありましたので大変勉強になりました。

私が在籍しました補綴科は2年間は「自分の患者様の技工物は自分で作る」というルールがありましたので、
午後5:00に診療が終了後、技工物を製作するという生活でした。

在籍している歯科技工士の方は夜遅くまで仕事をされている方が多かったのですが、
そのなかでも懇意にさせていただいた技工士の方に数多くの技工に関することを教わったような気がします。

専門である総入れ歯の技工に関しては上司の先生にいろいろとアドバイスを受け、
自分で製作したものを患者にセットするということを繰り返しましたので、
実際の治療で起こる困難なことや技工物でのエラーなどを自分で体感できました。

結局3年間自分で技工を行いましたのでほとんどの技工を経験し、
治療サイドや技工サイドの両方の気持ちや難しさをわかりました。


患者様のご希望を最優先し、それに対して患者様のお口の状態をご説明し、
治療方法や治療期間を詳しく説明し、承諾したうえでの治療を心がけています。

医院案内

医院内
落ち着いた院内です。
当医院は、診療室には治療用のチェアが3台、インプラントやカウンセリングを行う個室にチェアが1台あります。
白色を基調にした清潔感のある診療室です。

審美 症例

審美治療について

症例

近年、審美歯科という言葉があふれてきました。従来よく使われた金属と違う材料を用いることによって口を開いたときでも自然な口元でいることでいることができます。今までは強度的に不安がありましたが、ジルコニア、コンポジットレジンなどを虫歯によって削られた量で使い分けることできれいな白い歯でいることができます。

詳細はHP参照。

歯科医院 概要

医院名 鈴木歯科クリニック(山形)
院長 鈴木 喜之
所在地 〒990-2445
山形県山形市南栄町1-3-33
受付時間 【平日】
午前 9:00から12:30
午後 14:00から18:45

【木曜日】
午前 9:00から12:30

【土曜日】
午前 9:00から12:30
午後 14:00から17:00

※ 休診日 日曜・木曜午後

無料メール相談・ご予約はこちらから

  • 教えて!カードローン
  • インプラントQ&A
  • キーワード用語集

【関連サイト】
スマイルデンタル